むかばん紙 太陽光発電

むかいばんきんは平成22年より太陽光発電システムを提案しています

投稿日:

太陽光発電とは

屋根に設置した太陽光モジュールが、太陽光を受け止めて直流電気を作ります。
これを、パワーコンディショナーによって交流電気に変換し、分電盤を通って、家じゅうに分配されます。
日中の晴れの時は発電量が消費量よりも多いので、余った電力を電力会社に買ってもらいます。
現在は、1kW31円になります。
逆に夜は発電しませんので、電力会社から電気を買います。
これらの電気の売買は、機械が自動的に行いますので、皆さんの手をわずらわせることはありません。

太陽光発電の特徴

太陽光発電の特徴は、地球環境に優しいシステムだということです。
現在主流である、石油やガスなどの化石燃料は、いつかは枯れ果ててしまいます。
一方、太陽から降り注ぐ太陽光は、永久的に利用できるクリーンなエネルギーです。
また、発電の主力である火力発電は、CO2を多く排出します。
その発電量を太陽光発電で補うことで、CO2を大幅に削減できます。
さらに、設置されたモニターで、現在の発電量やCO2削減量がご自宅で分かりますので、ご家族での省エネに対する意識が変わると思います。

太陽光発電システムで便利なこと

他にも、太陽光発電システムには便利なことがあります。
例えば、大きな災害で電気がストップした場合、スイッチを切り替えて、非常用コンセントとして使えます。
それで、炊飯器を使ったり、ラジオで情報収集したりすることができます。
また、太陽光パネルにはある程度の断熱効果があります。
屋根の上に傘をかけるような状態になり、夏の熱い照り返しが遮断されます。
また、冬場の放熱も抑えされ、快適な室温を保つことができます。

-むかばん紙, 太陽光発電

Copyright© 株式会社 向板金工作所 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.